HOME | ご挨拶 | 事業活動 | 協会概要 | 倫理宣言・服務規程 | メディア取材協力 | 会員募集 | お問い合わせ | スマートフォンサイト










  HOME > 安心の部屋 > インデックス

長年の研究に裏付けられた段階的盗聴・盗撮ソリューション「ジルコムメソッド(JILCoM METHOD)
日本情報安全管理協会は、さまざまな住環境でも対応可能な以下のソリューションを推奨しており、空間情報(プライバシー)保護には、継続的な安全空間の確立が重要で、安心なお部屋の創造には不可欠であると考えます。

ソリューション 概  要 料金の目安
盗聴・盗撮被害なんでもほっとライン

・盗聴、盗撮されているような兆候があり不安な方へのアドバイス

・盗聴や盗撮の一般的なことや対策に関する解説等
ご相談無料
盗聴・盗撮対策の
専門技術者による本格探査

・お住まいの電波状況を専門家が分析・確認を行い、盗聴・盗撮装置の検出ならびに処置をいたします。
・住環境に合わせた空間情報セキュリティーの構築をご案内します
・空間情報(プライバシー)保護の精密な検査で、例えるなら人間ドックの様な位置づけになります。
\25,000〜
(税別)
 
盗聴・盗撮セルフ
日常点検のご案内


住環境に混入する盗聴器・盗撮器機は、探査後の日常点検で大部分を排除することが可能となります。
情報安全管理士の探査では、依頼者の住環境に合わせて危険性の高いチェックポイントと手法をご案内いたします。
通信傍受対策技士による探査に自動付帯
専用端末機による
無人盗聴・盗撮探査

・公衆無線LANを用い、情報安全管理士が管制センターにてお住まいの電波状況を市販の装置を対象に確認し、検診結果にグラフを添えて報告します。
・情報安全管理士の訪問探査完了から一定期間が経過した場合等に最適で、例えるなら定期健康診断の様な位置づけになります。
\15,000〜
(税別)
 

※個人の住居向けのソリューションになります。企業・団体様向けには高度な専門ソリューションを推奨しています。

HOME | 会員募集 | 個人情報保護方針 | サイトポリシー | 倫理宣言・服務規程 | サイトマップ | お問い合わせ | ご注意 |

注意事項
「情報安全管理士」、「JILCoM」および「日本情報安全管理協会」は、日本国(特)日本情報安全管理協会の商標または商標登録です。また「JILCoM」のロゴマークは日本国(特)日本情報安全管理協会の商標または商標登録です。
Copyright(c) Japan Information Leak Control Management 2003-2016 all Right Reserved